売られた喧嘩は買うさ。

  • 2020.09.02 Wednesday
  • 00:00

JUGEMテーマ:つぶやき。

 

売られた喧嘩は買うさ。

江戸っ子の名が廃る。

 

一緒に働いてるオヤジ。

何を勘違いして、わたしにぶち切れてんのか。

誰にケンカ売ってるんだ。

10万年早いんだよ。

クビ洗って待ってろ。

 

 

定年して、出向してきたオヤジ。

何かっていうと、「わたしのいた会社は・・・。」って。

使えないうえに、使いづらい。

仕事は覚えられなし、態度だけはデカいし。

大目に見てやってるのに、何を逆ギレしてるんだろ。

ポテトサラダのオヤジと一緒。

 

売られた喧嘩は買うさ。

上等じゃん。

「ですから、いま、お客様が・・・・・。」

声だかに話し始めたわたしの手を、先輩がギュッと握った。

 

優しい先輩に免じて、今日のところは、このくらいで勘弁してやろう。

 

帰り際、「おつかれさまでしたー。」だと。

バカじゃん。

だいたい、あんたは疲れるほど、仕事してないでしょ。

 

「はい、お疲れ様でした。」って、ニッコリ。

わたしは巳年なんで、執念深いからね。

二度と、ケンカ売ってくるなよ、このボケ。

 

あーぁ、また、やっちゃたよねー。

まだまだ、修行が足りません。