不思議カフェ。

  • 2020.10.01 Thursday
  • 00:00

JUGEMテーマ:つぶやき。

 

不思議カフェへ。

 

花ちゃんと、久しぶりに出かけた。

ライトは、在宅ワークのパパさんにお願いして。

 

そこは、大きな木々がのびのびと枝を伸ばし、

木漏れ日がきれいだった。

大きな樹には、ツリーハウスが。

木々をつなぐロープには、透明の傘。

木漏れ日を浴びて、地面にパステルの影を作っている。

 

 

 

簡単なテーブルや椅子、ベンチがあちこちに置かれている。

グランピングみたいな、テントもある。

 

移動販売みたいなお店には、特製ハンバーガーやタコスライス、ガパオライス。

ソーセージアラカルトや、ポテトなんかもある。

奥から店員さんが出てきた。

イケメン男子だなーって思っていたら、ボーイッシュなお洒落女子だった。

金色のショートカットで、スラリと。

笑うとまた、素敵。

「出来たら、8番でお呼びしますね。」

手渡されたのは、UNOのカード。やっぱり、素敵。

 

花ちゃんは、ハンバーガー。わたしは、ガパオライス。

ガパオライスは、ちょっとホットで、とても美味しかった。

今度来たら、花ちゃん大絶賛のハンバーガー食べようっと。

 

夜には、ライトアップされて、バーになるんだって。

やっぱり、素敵。

 

 

大きな駅から、歩いて10分くらい?

大通りから、不思議な階段を登る。

知らない人は、絶対に入れない。

 

ツリーハウスに登ったら、枝の間から、モノレールが見えた。

眼下の大通りの上をモノレールが走ってる。

モノレールと同じ目線?

不思議な感じ。

 

帰り際、これまた、お洒落な白髪の紳士と話をした。

タンガリーのシャツに、膝でカットしたジーンズ。足元はブーツ。

ヒゲも素敵。第一、優しそう。

ここのオーナーさんかな?

さっきのお洒落女子は、もしかして、お孫さんかしら?

なんか、お洒落センスが似てる?

 

その紳士は、

食事をしたり、お茶を飲んだりして過ごしているお客さん達を、

目を細めて、楽しそうに見ていた。

「もう、5年になるんですよ。」

「まだまだ、途中なんですよ、もっとね・・・・。」

その頭の中には、すてきなアイディアがいっぱいありそう。

 

花ちゃんと、不思議な階段を降りると、大通り。

その向こうは、蓮が有名な、大きな公園。

エースと、少し散歩していこう。

引っ越して来る前は、この近くに住んでいた。

 

ねぇ、花ちゃん。覚えてる?

 

PR

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< November 2020 >>

プロフィール

profilephoto
ライトくんとしのぶさん

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM