サッカークラブ。

  • 2020.10.09 Friday
  • 00:00

JUGEMテーマ:子供達との記憶

JUGEMテーマ:つぶやき。

 

太郎は、小学生の頃、サッカークラブに入っていた。

 

当時住んでいた官舎には、子ども達がたくさんいた。

敷地内には、昔ながらの団地のような建物が5棟建っていた。

ゆったりとした敷地には、あちこちに桜の木があり、

砂場や鉄棒なんかもあった。

太郎や花ちゃんは、いつも窓から外を見ていて、

誰か遊んでいるのを見つけては、外に飛び出して行った。

 

その官舎のお兄ちゃん達が入っていた、サッカークラブに太郎も入った。

 

 

とても、いいクラブだった。

「なんでも、自分でやらせて下さい。」

忘れ物をしてもいいです。失敗してもいいです。

お母さんは手伝わないで下さい。

お茶当番や、練習当番もありません。

近くの学校で練習してるので、送迎もいりません。

そのかわり、口も出さないで下さい。って。

会費も、めっちゃ安かった。

 

わたし達のすることは、応援だけだった。

 

素晴らしい。

 

試合なんかに応援に行くと、

やっぱり、口汚く子ども達を罵っているコーチがいる。

ウチのチームは、いたって爽やか。

「いいよ、いいよー、ドンマーイ。」「涼介、ナイスー!」「太郎、サンキュー。」

 

「ポジションは好きなところをやってもらいます。」

今、ちょっと背が高いからディフェンダーね。とか

足が速いから、フォワードね。とかないから。

みんな、自分で考えて、みんなと相談したりして、自分でポジションを決めた。

太郎は、ディフェンダー。

チーム1背の低い子が、ゴールキーパーだったよ。

意外と、フォワードって、人気なかったよ。

トップ下とかが、かっこいいのかな。

やっぱ、平成の子ども達は違う。

 

太郎たちのチームは、低学年の頃は、全然勝てなかったけど、

高学年になるにしたがって、強くなってきた。

だって、ずーっとやってるもん。

言われなくても、サッカー、ずーっとやってるもん。

遊びの延長だもん。楽しいんだもん。大好きなんだもん。

 

太郎も、遊びに行くときは必ず、自転車のカゴにボール入れてた。

強くなるはずだよね。

 

大会で優勝したこともある。

太郎は、ジャンケンで勝って、トロフィーを貰った。

コーチ、子ども達にあげちゃっていいの〜。

 

試合に行くと、よそのチームの様子がわかる。

鞄をキチンと並べているチーム。

コーチに指示されてか、みんなで体育座りをして、観戦してるチーム。

 

ウチのチームはね、バラバラ。

よその学校がめずらしくて、あちこちで遊んでる。

でも、試合の時間が近づくと、なんとなく集まってきて、

ユニフォームに着替えたり、アップしたりしている。

コーチは何も言わない。

だいたい、コーチは審判とかしてて、いないし。

で、みると、鞄はバラバラ、脱いだジャージもベンチコートもグチャグチャ。

 

それが、みっともないのか?

それをコーチが怒って、怒鳴るのがみっともないのか?

お母さんたちが、それをキレイに揃えるのがみっともないのか。

ははは、どっちよ??

 

普段の練習は学年ごとだったけど、

たまに、高学年とかで、合同練習会とかがあった。

1つ違うだけで、ずいぶん先輩だよねー。

先輩たちの様子をみて、太郎たちも感化されてたよ。

プレーも、態度も。「カッケー!」って。

 

太郎は、中学高校とずーっとサッカー部だった。

 

太郎ね、PK、いつも一番目だったんだけど、

外したことないんだよ。すごくね?

 

花ちゃんにもね、そんな経験をして欲しかったんだけどなー。

 

 

 

 

 

PR

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

プロフィール

profilephoto
ライトくんとしのぶさん

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM